こんにちは

 

横浜の関内馬車道で唯一のお腹シェイプ専門トレーナーの桑島です。

 

昨日は、ダイエット中の食事量について書きました。

ダイエット中の食事量

 

 

ダイエット中の食事内容について

昨日は、食べ過ぎず食べなさすぎず。

という内容書きました。

 

本日は、食事内容についてです。

 

女性で多いのが、

「朝ご飯でパンしか食べていない」

「ダイエット中だからサラダだけ」

 

なんて人は実は結構多いです。

 

「お尻はジムで作られ、身体はキッチンで作られる」

なんてことわざがあるように、

 

食べたもので身体が作られています。

 

ですので、食事量が少なかったり、食べている栄養素が足りていないと、いくらお腹を引き締めようにも、お腹は引き締まりません。

 

 

では、どのような食事をすればいいのでしょうか?

 

これは、人それぞれですが

私がベースに考えているのは、

「タンパク質摂取を意識した食事内容」です。

 

 

次で具体的に説明していきます

 

 

タンパク質摂取を意識した食事とは

 

身体の中で一番多い成分は「水」なんです。

約60%を占めていますので、水はお腹を引き締めるにも重要です。

 

では、次に多い成分はなんでしょうか?

 

実は「タンパク質」なんです。

 

筋肉はもちろんの事、爪や髪、内臓や皮膚あらゆるものがタンパク質で出来ています。

 

では、あなたはタンパク質は1日どれくらい摂取していますか?

 

タンパク質は1日に体重(g)~体重(g)×1.2g程と言われてます。

 

 

例えば、体重55㎏の女性でしたら

1日にタンパク質摂取量の目安は55g~66gということです。

 

卵が1個で約4g程のタンパク質ですので、これを目安に1日のタンパク質摂取を意識してもらうといいです。

 

私は、指導始めたお客様には

「タンパク質含有量一覧」をお送りして、それを参考にしていただいています。

参考にしているか実際は分かりませんが。笑

 

 

 

具体的な食事内容

あるお客様の1日の食事内容をお伝えします。

 

朝、茹で野菜に鶏むねハム、豆乳スムージー

お昼、小松菜のスムージー

夜、ホッケが主食に茹で野菜に鶏むねハム、キャベツの味噌汁

 

といった感じです。

写真でお見せしたいのですが、許可を頂いてないのでお見せできません。

 

お昼は小松菜のスムージーでタンパク質が摂れていませんが、

1日のタンパク質摂取量は十分な量です。

食事量も足りています。

 

この方は、糖質をあまり摂らない食事をしているので、

糖質を摂ることが今後の課題なんですが。

 

ポイントは朝からタンパク質を食べていることです。

 

米国ミズーリ大学の研究チームの実験で分かったのが、高タンパクな朝食を摂ることで、脳の食欲を司る部分の活動が抑えられ、一日の食欲を抑えることが出来る。

という研究結果が出ています。

 

 

最近では、MEC食(ミート、エッグ、チーズの頭文字)を摂る。

という食事も推奨されています。

 

私もこれには賛成です。

チーズの摂り過ぎは気を付けていただきたいのですが。

 

タンパク質が摂れない!

という方は、是非MEC食を実践してみてくださいね。

 

本日もお読みいただきありがとうございます。