大手ダイエットジムは週2回来てください。

というのが一般的です。

それは、最大手のライザップさんがこの方法を取っていたため。

しかし、BodySpaceでは週1回でOKとお伝えしています。
何故、週1回でOKなのか?

週1回でもOKな理由

週1回でOKな理由は2つあります。

◆下半身を中心に鍛える
◆長期的視点を持っていただくため

それぞれ解説していきますね

 

下半身中心に鍛える

体の中で一番大きい筋肉ってどこかご存知ですか?

実は、下半身なのです。
骨盤から上が上半身、下が下半身だとすると
上半身3に対して下半身7と言う割合です。

何故、下半身に7割の筋肉が集中しているのか?

それは、人間が2足歩行をしたときから始まっています。

※ネットから引用しました。

歩行をするようになって、人間は「歩く」ことで移動をしてきました。
猿は手を使って歩きますよね。

ここが、ポイントで、

歩くときに一番使うのは、脚の筋肉です。
大昔の人たちは歩けるようになって、より遠くへ歩くことができ、持久力も高まったと言われています。

脚の筋肉大きいので、
脚の筋肉の太ももやお尻を鍛えると
代謝が上がりやすくなります。

代謝(基礎代謝)が上がるということは、以前よりも太りにくくなる。
ということ。

しっかりと脚の筋肉を鍛えることが、キレイに痩せるポイントなのです。

ここで、一つ疑問。

「脚の筋トレをすればするほど太くなるんじゃないの?」と思われますが、
そんなことはありません。

確かに、間違った方法でスクワットなどを行えば
太ももが張って太くなりやすいですが、
しっかりとお尻に効くようにスクワットをしたり、

女性が弱くなりやすい太ももの裏を鍛えて、
ある程度、体脂肪が落ちてくれば脚は細くなっていくのです。

長期的な視点を持っていただくため

どんなに、頑張って痩せようとしても、
体の中の細胞が入れ替わらなければ痩せません。

体の中の細胞が入れ替わるのは、大体3か月。

つまり、今から食事や運動で痩せようとした場合、
大体3か月後に成果として出てくるのです。

短期集中2か月で痩せる場合、痩せた後に維持するのが大変です。
しかし、3か月とか半年とか長い目で見てもらうと、維持するのは簡単。

例えば、2か月で10㎏痩せた場合の維持するのと
半年かけて10㎏痩せた場合。

どちらも、「10㎏」という数字は変わりませんが、

毎月で見るとどうでしょうか?

2か月で-10㎏なので、1か月で5㎏
6か月で-10㎏の場合、約1~2㎏ぐらい

何が言いたいのか?というと
毎月毎月コツコツ体重が減っていくことが
体に負担なく、体重維持や体型維持が出来ると私は考えていますので、

お客様にもそういった長期的な視点を持っていただきたいのです。

毎日毎日が重なって、毎月毎月が重なって、何年も何年もかけて
体重増加や体脂肪増加をしたのですから、

そりゃ、2か月で体重落として、体型維持は難しいです。

1年ぐらいかけて、リバウンドしない体型維持をする方法を身に付けてもらえればと私は考えております。