こんにちは

 

横浜の関内馬車道で唯一のお腹シェイプ専門トレーナーの桑島です。

 

運動だけしていればお腹痩せ出来る?

運動だけでは痩せない に対する画像結果

結論から言わせていただくと不可能です。

 

これは、私のブログで何度もお伝えしていることなのですが、

お腹痩せをするには

「運動2割食事8割」で行うと、達成できます。

 

有酸素運動(ウォーキング)を1時間したところで、消費カロリーはせいぜい100Kcalぐらいです。(性別、歩幅によって異なります)

 

ロールケーキ(約500Kcal)を間食で食べてしまったら、

5時間ほど、ウォーキングしないといけない計算になります。

現実的ではありませよね?

 

運動を頑張って行うより、食事調整したほうが、はるかにお腹痩せできます。

 

それをいつまでも、運動で痩せようと週5回ウォーキングしたり、

週5回ヨガに通っても痩せません。

(多少は効果はあるでしょうが)

 

「ヨガで体重が−10㎏減った!」

という話を聞くことがありますが、

ほとんどは

・今まで運動をしてこなかったか

・身体の余計な水分が無くなったか

のどちらかです。

 

今まで運動をしてこなかった

実は、このような方が一番結果が出やすいのです。

というのも、今まで運動をしてこなかったから

運動に対する身体の変化が顕著に出ます。

 

例えば、40歳女性のAさんBさん

 

Aさんは、週に1回はジムに行ったり、ゴルフに行って汗を流すことを約10年行っている

Bさんは、運動が大の苦手で今まで運動らしい運動を行ったことがない。

 

Aさんも結果は出ますが、Bさんのほうが結果は目に見えて分かります。

その理由は

「運動に対して身体が慣れていないから」ということです。

 

これは、糖質制限を始めた方が急激に痩せることと似ています。

 

元々、糖質をあまり摂らない食事をしている人が、

糖質制限をしたところで、あまり効果感じません。

(少しは痩せるでしょうが)

 

つまり、

「身体は初めて行う(やる)ことに対応しようとする」

ということです。

 

身体の余計な水分が無くなった

これは、特に運動をしていなかった人は

「汗」をあまりかくことがないので水分が体内に溜め込んでいます。

身体は約60%が水分で出来ているので運動をすることによって汗がかきやすくなります。

筋力トレーニングを行っていればイヤでも汗をかきます。

 

汗をかけば、身体の水分が出ますので浮腫みも改善され、体重が落ちることはあります。

 

 

この2つは、運動で結果が出る人に当てはまる内容です。

 

ですが、運動しても痩せない人は食事を気を付けないといけません。

 

食事をどのように気を付ければいいのか?

 

私がお客様の食事指導で意識しているのは

・食べている物

・食べている量

・食べている時間

 

を意識してアドバイスをさせていただきます。

 

詳しくは明日書きますが、

食べている物=3大栄養素を摂っているか?偏っていないか?

食べている量=身体を作るのに十分な量を食べているか?

食べている時間=食事と食事の間が空きすぎてないか?

 

ざっくり教えるとこんな感じです。

 

これがしっかりとあてはまっていないとお腹痩せは難しいです。

 

詳しくはまた明日。

 

本日もお読みいただきありがとうございます。