こんにちは

 

お腹・ウエスト引き締め専門トレーナーの桑島です。

 

 

ダイエットの原則は食事8割運動2割なのですが、

本日は食事の重要性をお話します。

 

 

身体を引き締める時の食事の重要性

 

ダイエットの原則は

食事8割運動2割なのですが、

簡単に説明すると、「摂取カロリー < 消費カロリー」を意識するとダイエットは成功できます。

 

痩せたければ、1日の摂取カロリーを少なくすれば、痩せていきます。

例えば、

1日2000Kcalを食事で摂っていた方が1日1000Kcalにすれば痩せていきます。

 

極端な話こうゆうことなんです。

 

ですが、このカロリー摂取方法を間違えてしまっていると、身体を引き締めることができなくなってしまうのです。

 

どうゆうことかというと、

 

1000Kcalに抑えていたとしても、食べている物がお菓子で1000Kcalを摂っていたとしたら、身体が作られると思いますか?

 

人間の身体は食べた物で出来ていますので、せっかく身体を引き締めようと、筋力トレーニングをしているのに、食べている物がお菓子や、ヨーグルト、ご飯だけ、豆腐のみ

といった食事内容では、せっかく筋力トレーニングをしても、筋肉は作られません。

 

しっかりと食事を摂らないと、うまく身体は引き締まりません。

 

 

食事を1食で考えるのではなく1日で考えてください

 

食事を1食ごとに考えるのではなく、1日で「バランスよく食べているかな?」と考えてみてください。

 

私のお客様でも、お菓子が大好きな方が多いです。笑

 

ですが、私はそれを否定しません。

お菓子を食べれないことが、ストレスになってほしくないので、全部は否定しません。

 

ですが、1日を通してそれだけでカロリー摂取をしてほしくないのです。

 

先ほども書きましたが、人間は食べた物で身体が出来上がっていますので、筋力トレーニングをして身体を引き締めたいとお考えなら、

筋肉の材料になる、炭水化物やタンパク質を意識して食べないと、せっかくの筋力トレーニングがもったいないです。

 

ダイエット中は炭水化物は食べないほうがいいんじゃないの?

と思われた方。

 

そんなあなたは要注意です!!

 

筋肉を作るのにも、炭水化物は必要なんですよ。

その理由については後日書きますね。

 

 

タンパク質の摂取量の目安

 

では、タンパク質摂取の目安はどれくらい摂ればいいの?

と思われますよね。

 

その目安は体重×1.2g」程です。

 

体重が55㎏でしたら、66gぐらい食べたほうがいいいうことです。

 

卵1個が約6g程ですので、卵で計算したら11個食べる計算になります。

ですが、それは現実的に難しいのでプロテインを私はオススメします。

 

是非、参考にしてみてください。

 

 

本日もお読みいただきありがとうございます。