こんにちは

 

横浜の関内馬車道で40代から始める筋力トレーニングでキレイなボディラインを作る

パーソナルトレーナーの桑島です。

 

身体を引き締めるのに、二の腕をプルプルが気になるので二の腕のトレーニングをしたり、お腹が気になるので腹筋のトレーニングを行なっていませんか?

 

本日はそうゆう悩みを解決致します!

 

 

身体を引き締めるのに鍛える部位

 

 

身体を引き締めるのに、このようなことを行っていませんでしょうか?

 

・二の腕が気になるから、二の腕のトレーニングをしている

・お腹が気になるから、腹筋のトレーニングをしている

 

という方は要注意です!

 

その理由は、上記のような「二の腕」「お腹」

 

実は身体の中でもあまり大きくない筋肉なのです。

どうゆうことかというと、

 

身体の中でも大きな筋肉が3つあります。

 

一番大きいのは「脚(ヒップ含む)」

次に大きいのは「背中」

次に大きいのは「胸」

 

という身体の中でもBIG3と呼ばれている部位があります。

 

身体を引き締めるにはこの3つの筋肉が絶対に欠かせません!!

 

特に、脚の筋肉は身体全体の約7割を占める筋肉ですので、

身体全体を引き締めたいと考えている方は、絶対に「脚」のトレーニングを行うべきです。

 

 

 

次に大きな筋肉は「背中」になります。

 

背中は目に見えない筋肉になりますので、特に衰えやすくなりますし、背中が筋肉が衰えていると、キレイな姿勢をキープできなくなってしまいます。

 

ですので、背中の筋肉もかなり重要です。

 

最後に胸の筋肉ですが、胸の筋肉はバストの位置を下げないためにもとても重要です。

バストが下がってしまう原因は、

・「胸の筋肉が弱くなってきて、バストを支えきれないか」

 

・「背中の筋肉が弱くて、背中が丸くなってしまい、結果バストダウンの姿勢になっているか」

 

このどちらかになります。

 

 

BIG3を鍛える大きなメリット

どうでしょうか?

 

少し、ビッグ3を鍛えてみようと思いましたか?

 

更にビッグ3を鍛えるメリットをお伝えします。

それは、ビッグ3を鍛えることによって、その部分を引き締めるだけではなく、

「身体全体の代謝を上げやすくなる」

 

ということなんです。

 

このビッグ3は上記で書いたように身体の中でも大きな筋肉になるので、ビッグ3を鍛えると身体の代謝を上げることになります。

 

これを車で例えると、

ビッグ3がエンジンの部分です。

二の腕やお腹がタイヤの部分と考えてください。

 

軽自動車にスポーツカーのタイヤを装着したとしても、(装着できるかはわかりません)エンジンが軽自動車ですので、タイヤを変えたところで早くはなりません。

 

ですが、軽自動車にスポーツカーのエンジンを装着できたとしたら、(装着できるか分かりません)もの凄く早くなると思いませんか?

 

身体もビッグ3を鍛えることによって、身体全体の基礎代謝が上がるので、痩せやすくなるのです。

 

 

ですので、いくら二の腕やお腹(タイヤ)を鍛えたとしても根本(エンジン)を変えないといけないのです。

 

もちろん、私はこのビッグ3を鍛えるように指導しますが、お腹や二の腕を鍛えることもします。

 

痩せやすくなるのには、このビッグ3は鍛える必要がありますが、

お客様の目的、要望に合わせて部分的に引き締めることも行います。

 

 

本日もお読みいただきありがとうございます。