こんにちは

世田谷区等々力のお腹痩せ・ウエスト引き締めパーソナルトレーニングスタジオBodySpace(ボディスペース)の桑島です。

 

赤ワインと白ワイン軍配が上がるのがどっちだ!?

赤ワインと白ワインだと白ワインのほうが糖質高いって聞いたのですが本当ですか?

これは昨日トレーニング指導していたお客様から質問されたことなのですが、
赤ワインと白ワインどちらのほうが糖質が高いのでしょうか?

答えは、どちらもさほど大差はない。

ということです。

今回は赤ワインと白ワインどちらのほうがお腹痩せにいいのか?を
お伝えしていきます!!

赤ワインの成分

赤ワインの80㎖(ワイングラス1杯程度)で56Kcalとなっています。
糖質量は、80㎖で1.2gですので、ほとんど入っていません。

赤ワインは白ワインに比べて、栄養価が高いと言われていますが、実際のところどうなのか?
赤ワインに含まれる、
・クロム
・モリブデン
・カリウム
・ビオチン
・ポリフェノール

が多く含んでいます。

クロム
⇒血糖値を下げる作用を持つ、インスリンの働きをよくし、高血糖を改善したり糖尿病を予防する効能があります。
また、脂質の代謝を促してコレステロールや中性脂肪の減少につながる効果もあるため、動脈硬化の予防にも役立ちます。

モリブデン
⇒モリブデンには尿酸の生成を助ける効能があります。
その他、鉄分が不足した時に造血を促し、貧血を予防する働きがあります。

カリウム
⇒カリウムが細胞の浸透圧を調整したり、筋肉の収縮や神経の伝達をよくしたりする効果があります。

ビオチン
ビオチンは3大栄養素である炭水化物、脂質、タンパク質の代謝を促進する効能があります。

ポリフェノール
有害な活性酸素から体を守る抗酸化作用があります。

白ワインの成分

白ワイン80㎖で(ワイングラス1杯程度)で58Kcalです。
糖質量は、80㎖で1.6gなので赤ワイン同様ほとんど入っていません。

白ワインも赤ワイン同様栄養価が高いです!!

白ワインには有機酸というのが入っていて、
・オレイン酸
・リノール酸
・リノレン酸
・クエン酸
・アミノ酸
・リンゴ酸

これらが入っていて、
・カルシウムの吸収を促す
・血行や代謝を促進させる
・アミノ酸の原料になる
・疲労回復につながる
・腎臓などの働きを活性化する

と、赤ワインに負けず劣らずアルコールの中では栄養価が高いです。

まとめ

赤ワインは糖質量1杯あたり1.2gで白ワインは糖質量は1.6gなので
糖質量に関しては特に、大差はありません。

結論、赤ワインが好きなら赤ワインを飲めばいいですし、
白ワインが好きなら白ワインを飲めばいいです。

因みに、私は白ワインが好きです。
赤ワインの重い感じが、あまり好きにないので、お肉料理の時も白ワインを飲んだりします。

本日もお読みいただきありがとうございます。

トレーニングのお問合せはこちら









公式LINEでもお問合せ可能です

「お名前」「性別」「年齢」「体験希望日時」を明記のうえ、送信してください。
24時間以内にご返信させていただきます。