こんにちは

世田谷区等々力のお腹痩せ・ウエスト引き締めパーソナルトレーニングスタジオBodySpace(ボディスペース)の桑島です。

 

痩せるために糖質を摂ったほうが脂肪を燃やしてくれる理由

以前、書いたこちらの記事でもお伝えしましたが、
お米を避けているのに痩せない理由は? 
痩せるために、しっかりと糖質は摂るべきなんです。

本日はもう少し掘り下げてお伝えしていきますね。

糖質を摂っているから脂肪分解できる

脂肪単体のままだと脂肪は減ることはありません。
脂肪は分解して初めて、燃焼され減ることになるのですが、
この時に、脂肪を分解してくれる消化酵素の一つにリパーゼがあります。

脂肪を消化する役割を担っている酵素なので、脂肪分解酵素とも呼ばれる。

一番やっかいなのが、

血液中に運んでくれて、リパーゼが働き脂肪を分解してくれるのですが、
糖質が無いと、血液中に運んでくれないので、
いつまで経っても脂肪は減りません。

 

筋肉のためにも糖質が必要

1日の消費量の約40%が筋肉です。
その筋肉を動かすために、糖質が必要です。

まず、炭水化物(糖質)は分解され、ブドウ糖になります。
ブドウ糖からは血液で全身に運ばれてエネルギー源として活躍をしてくれます。

そして、あまったブドウ糖はグリコーゲンになって
筋肉と肝臓に貯蔵されるのですが、
筋肉は1,2%ほど、肝臓は約8%ほどしか貯蔵出来ません。

しかし、糖質制限をずっと続けると、筋肉内のグリコーゲンが少なくなってしまいます。
するとどうなるか?

実は、筋肉を分解してエネルギーを作ろうとしまうのです!!
糖質を摂らないと、体重が落ちますが、
最初はほとんど水分が減っていき、
糖質を摂らない生活を3か月程続けると、確かに体重はさらに落ちますが、
ほとんど筋肉が減ったしまった分の、体重減少ですので、
より痩せにくくなってしまいます。

それでも糖質を摂るのが恐い場合

ここまで、糖質を摂ったほうが痩せやすい。ということをお伝えしましたが、
「そうは言っても、白いご飯や白いパンは怖い、、、、」

という方もいるはず。

白いご飯や白いパンは血糖値が急上昇してしまうので、
ダイエットには確かに不向き。

ですので、血糖値が低い
サツマイモや、玄米、全粒粉パン、オートミール、ミューズリー、などと一緒に
海藻類やキノコ類も一緒に摂ることをオススメします!!

 

糖質で太るのではなく、糖質の摂りすぎで太る

お客様には何度もお伝えしていて、このブログでもお伝えしていますが、
糖質単体で太ることはほとんどありません。

カロリーだけ見たら、糖質よりも、脂質のほうが太ります。
(糖質1gあたり4Kcal 脂質1gあたり9Kcal)

では、何故、脂肪は増えてしまうのか?

それは、
砂糖や菓子パン、アイスクリームなど炭水化物に含まれていない
甘味処を食べているのが原因です。

しっかりと、甘味処を抑えて、糖質を摂る事で脂肪を燃やしてくれるので
体脂肪は減りやすくなります。

まずは、自分の食べているものをチェックして、
余分なものを食べていないか?をチェックするところから始めましょう!

本日もお読みいただきありがとうございます。

トレーニングのお問合せはこちら









公式LINEはこちら

「お名前」「性別」「年齢」「体験希望日時」を明記のうえ、送信してください。
24時間以内にご返信させていただきます。

また、公式LINE登録をしていただくと、今だけ
「お腹痩せ7つの法則」というレポートをご覧いただけます。