こんにちは

世田谷区等々力のお腹痩せ・ウエスト引き締めパーソナルトレーニングスタジオBodySpace(ボディスペース)の桑島です。

 

甘い物よりもお酒のほうが好きな方へ

私のお客様は
お酒は全く飲まないけど、甘い物が好き
という方と
甘い物は全く食べないけど、お酒が好き

という両極端な方が多いです。

どちらかというと、お酒好きな方のほうが多いですね。
(私がお酒好きなだからなのかも)

というわけで、本日はお酒が大好きだけど、お腹痩せしたい。という方に向けてお送りいたします。

お腹痩せにお酒は飲んでいいのか?

結論からお伝えすると、お腹痩せにお酒はNG。
というのも、お酒を飲むことによって、筋肉の合成が阻害されてしまうのです。
詳しくは下記のブログを参考にしてみてください。↓↓
糖質オフビールを飲めば太らないでしょ?

以前指導していた、車関係の会社を運営している社長さんを指導していた時、
「接待が多いからお酒飲むけど、痩せたいからなんとかして」と言われて
私は「社長、それは難しいです、、、」ということを話をしたことを覚えています。

では、どんなお酒だったら飲んでいいのか?

 

最低限飲んでも大丈夫なお酒

最初にお伝えしますが、お腹痩せをしたいのであれば
お酒を飲まないに越したことはないです。

それを踏まえてお伝えしますね。

まずはウイスキーが圧倒的にオススメ。

ウイスキーは糖質が少ないので、太りづらいので、
ハイボールはオススメですね。

これをコークハイなどに変えてしまうと、
コーラ分の糖質を摂取してしまうので、適しません。

ウイスキーは麦芽を蒸留することによって、糖質が失われます。
ハイボールの場合、1杯約200㎖だとして、糖質量が5g以下です。

それと比較してビールは同じ200㎖(だいたい小グラスぐらい)の糖質量は10gを超えます。

次にオススメなのは、焼酎。

※私が個人的な好きな「刀」という焼酎。

焼酎も比較的、糖質が低めなのでやはりオススメです。
焼酎もハイボールと同じぐらいの糖質量です。
1杯約100㎖あたり糖質量は5g以下。

週末たくさん飲みたい方へ

週末にたくさん飲みたい!という方は、
平日はお酒を我慢してください。

平日お酒の我慢すれば、週末に二日酔いになるほど飲んだとしても、
平日で肝臓の働きが戻りますので、問題ありません。

しかし、平日も飲んでしまうと、カロリーオーバーになってしまい、
お腹痩せ出来ないので、平日は出来るだけ我慢しましょう。

 

平日も飲みたい方へ

平日関係なく、飲みたい。という方は
出来れば1~2杯にとどめておきましょう。
(可能であればウイスキー又は焼酎1杯)

これ以上飲んでしまうと、肝臓の働きがストップしてしまい、
食べ物が脂肪として蓄えられしまうので、
頑張って1杯にとどめておきましょう。

本日は短めにまとめました。

本日もお読みいただきありがとうございます。

トレーニングのお問合せこちらから









公式LINEからでもお問合せ可能です。