こんにちは

 

 

横浜の関内馬車道でお腹シェイプ専門トレーナーの桑島です。

 

 

お正月はいかがお過ごしでしょうか?

私もしっかりと食べましたし、たくさん吞みました!

 

お正月太りはいつから始まった言葉なんでしょうか?

本日は皆さんの気になる、お正月太り解消を独自に考えてみました!!

 

 

お正月太りを解消するには?

 

分かっていてもなかなか避けることができない、「お正月太り」誰でも経験ありますよね。

 

本日はその気になる、お正月太りを解消する方法を考えてみました。

 

 

そもそもお正月太りとは?

 

~~以下引用~~

 

お正月に、お節料理やみかんを食べ過ぎ、特別番組を見ながらこたつで心地よく過ごしてしまった後に訪れる、身体形状の期間限定的名称。

類義語に、夏やせ(夏痩せ)、夏太りなどがある。

 

~~ここまで~~

リンク先

 

とあります。

この定義はもの凄く共感します。

 

 

確かに、この時期は食べ物はいつもある状態ですし、日常の生活をあまりしないで食べることが多いと思います。

(通勤やお子さんの送り迎えなどが無いという意味です)

 

身体活動をしないで、食べれば太るのは確実です。

 

では、この正月太りを解消するには?

 

私は去年から始めましたが、断食とまでいかない程度に食事を抑えることです。

 

私の場合は1/3を過ぎたあたりから、1/5ぐらいまでプロテインで過ごします。

 

要は、内臓を休めるということですね。

プロテインも内臓疲れさせるのですが、おせち料理やお雑煮お酒に比べるとはるかにいいですね。

 

 

一般の方はプロテインなどはお持ちではない方も多いと思いますので、

 

固形物をあまり摂らないようにしましょう!!

 

固形物は消化に12時間ほどかかってしまいます。

食べ過ぎているということは、この消化が間に合ってないということですので、固形物は少し控えめにしてみましょう。

 

 

どんな物食べればいいの?

これは鉄板はおかゆ!!

 

7日に食べる七草がゆなんかもその理由で食べますよね。

 

私がオススメするのは、スープです!!

 

 

スープに入れるのは何でもいいのですが、あまり固形物は入れたくないですね。

野菜なども、なるべく煮詰めて柔らかくするといいです。

 

この1週間はどうしても、体重が増えすぎてしまうので、お正月気分ンが抜けたら、身体を引き締めるのにシフトチェンジしていきましょう!

 

その為にも、まずは運動ではなく、口に入れる食事から変えていきましょうね。

 

 

本日もお読みいただきありがとうございます。