こんにちは

世田谷区等々力のお腹痩せ・ウエスト引き締めパーソナルトレーニングスタジオBodySpace(ボディスペース)の桑島です。

束の間の休息で幼いころのトラウマの場所へ

※本日のブログは桑島家の事を書いてあるので、お腹痩せに関しては一切触れておりません。。。

昨日、久しぶりの休みでしたので、娘と嫁さんが楽しみにしていた
あの場所へ行ってきました。

実は、私、幼いころ(記憶にあるのは5歳ごろ)に母親と姉に連れて行ってもらい、
終始不貞腐れた顔で見ていた記憶があります。
(何故、あんな不貞腐れていたのか分かりません、、、)

ですので、今回、嫁さんがチケットを取った!と聞いて、
少し焦っていました、、、

(本当に心から楽しめるのか?)

(不機嫌な表情で見てしまうのではないか?)

と内心思っていて、現場に到着をして大人(今年で30歳)になって改めて見ると
本当に感動しました!!

何を見たのか?
それがこちらです。

 

実は、娘がディズニーがとても大好きで、
ディズニーの英語教材を買うほど、大好きなのです。

そんなおかげか、ディズニーのDVDはほとんど観ました。笑

で、毎年2回ほどディズニーランドに行くのですが、
行くたびに、本当に感動をします。

アトラクションに並ぶ時って、皆さん何をされますか?
嫁さんと娘はポップコーンを食べているのですが(毎度毎度、私に『食べ過ぎ!』と怒られています)

私は、施設を見ています。
(施設内の作品(?)を見回して、何か手を抜いているところが無いか探してしまう、性格の悪さ)

目が届かないところは実際、手を抜いて作っているのでないか?
と探すのですが、

全く見当たらない!!

ディズニーランドさすが!!!!

と、毎回毎回感心します。

目が届かないところまで一つ一つを作り込んでいるから、
驚異のリピート率98%を超えるのですね。
(これ以外にも要素は数えきれないほどあると思いますが)

話は、今回のディズニーオンアイスに戻しますが、
やはり、「さすが!!」としか言えませんでした。

というのも、スケートをしながらショーをするので、
スケートスキルもそうですが、
演者の一人一人の表情や、雰囲気作り、など素晴らしかったです。

アナと雪の女王


モアナ


要所要所で出てくる、建物
(これもしっかりと作り込まれています)

ウォルト・ディズニー・カンパニー(日本だとオリエンタルランド)はまさに
「職人」と「サービス」を融合した施設です。

本日は、全くお腹痩せに関係ないブログで申し訳ございません。
どうしても、この感動をブログに残しておきたく書いてしまいました。

また、次のブログからお腹痩せに関するブログをアップしていきますので
楽しみにしていてくださいね!!

本日もお読みいただきありがとうございます。

トレーニングのお問合せはこちら









公式LINEからでもお問合せ可能です。