こんにちは
世田谷区等々力のダイエット専門パーソナルトレーニングスタジオBodySpace(ボディスペース)の桑島です

夜遅い食事は太る?夜遅い食事の対処法もご紹介します!

昔から、「夜遅い食事は太る」と言われていますよね。

これ、実は本当で、
その理由は「夜は日中に比べて活動レベルが下がることで、内臓機能が休息モードに入ってしまい
食べた物を吸収しやすくなります」

つまり、夜寝る前や夜中は体脂肪になりやすいのです。

その為、夜中の食事は太る。と言われているのですが
では、夜中にどうしても食事をしなければならない方はどうするのか?

本日は、夜中の食事でも太りにくい食事方法をお伝えしていきます!

夕食を軽めにするから夜中にお腹が空く

私も経験がありますが、
夕食を軽めにすることで、夜中にお腹が空いてしまい、何か食べたくなる衝動にかられます。
(お腹が空く前に寝る事が一番です)

この理由としては、
夕食の栄養素が足りていない。ということが考えれられます。

夕食をヘルシーにしたことで
かえって、栄養素が足りずに血糖値が下がったタイミング(つまり夜中)に何か食べたくなってしまうので
しっかりと栄養素を摂ることがまずはポイントになってきます。

優先順位は
脂質→タンパク質→糖質この順番です。

脂質を摂ることで、満腹中枢を刺激しやすくなり少量でもお腹いっぱいに感じやすくなり、
糖質を後に持ってくることで、血糖値の上昇を緩やかしてくれるため
満腹感を維持しやすくなります。

更に、朝を食べないで出勤をして
夜はヘルシーランチ(スープとおにぎりだけ)などにすることで
夕食だけではなく、1日に必要な栄養素が足りない。ということも考えられます。

栄養素が足りなければ、
脂肪燃焼サイクルが回らないので、かえって脂肪を蓄えやすくなるので、
特にお仕事をしている女性の方は、夜中の食事だけではなく、
日中の食事も気を付けてみましょうね。

夜中の食事の場合はどうするのか?

基本的には、先ほどと変わりはありません。

しかし、夜中に固形物を摂取することで
消化に時間がかかってしまい、寝ている時も内臓が消化吸収で働かなければならないので
寝起きがスッキリしない場合が多いです。

ここで、スープをオススメします。

脂質のスープというのは少し難しいですが、
脂身があるお肉が入っているスープを食べる(つまり、脂質とタンパク質を一緒に摂る)ことで解消されます。

これで足りなければ、ロカボパンや小さめのおにぎりなどを食べても良いでしょう。
小さめというのは、出来れば50-100g以内のお米です。
これぐらいであれば、特に影響はほとんどありません。

しっかりと日中に栄養素が足りている食事をしていれば
夜中にお腹が空くことはありません。

しかし、お仕事の都合などで食べれない場合もあると思うので、
日中から夜中の食事まで時間が空いてしまった場合、
夜中の食事を摂らない。というのは筋肉が分解してしまっているので
夜中に先ほど、お伝えしたようなスープメインの脂質とタンパク質を食べましょう。

しかし、それ以上に食べてしまうと体脂肪として蓄えられてしまうので
腹6分目ぐらいに抑えられるといいですね。

まとめ

夜中の食事をどうしてもしてしまう場合、
夕食の栄養素が足りない場合があります。

夕食にしっかりと栄養素のあるものを摂る事で
夜中の空腹を防げます。

しかし、どうしても食べたい!となった場合は
脂質→タンパク質→糖質の順番で摂るようにしてみましょう!

本日もお読みいただきありがとうございます。

 

世田谷区等々力のダイエット専門パーソナルトレーニングスタジオBodySpace(ボディスペース)のご案内

営業時間 9:00~22:00
住所 158-0082 世田谷区等々力2-32-14 B-WOOD202
TEL 090-6922-3612

ダイエットモニターはこちら↓

お客様の声はこちらhttps://kuwajima-m.com/voice
予約フォームはこちらhttps://kuwajima-m.com/contact

公式LINEからのお問合せは画像クリックをして、友達追加してメッセージをお願いいたします。

「お名前「性別」「年齢」「体験希望日時」を明記の上送信してください。
24時間以内にご返信させていただきます。
また、今だけ、友達追加してくださった方限定で、
「お腹痩せの7つの法則」という内容のレポート無料でお読みいただけます。