こんにちは
世田谷区等々力のお腹痩せ・ウエスト引き締めパーソナルトレーニングスタジオBodySpace(ボディスペース)の桑島です。

 

外食ランチで体脂肪を増やさないコツ

外食ランチをすることってありますか?
実は私はスタジオオープンしてから、外食ランチでしたが、
等々力にはあまりお店がなく、最終的にコンビニになってしまいます、、、汗

「お昼に何食べようかなー」と考えたくないので、
最近はもっぱら手作りお弁当

一応、嫁さんの分も作っています。

私のお弁当の内容はこちらに書いていますので、参照にしてみてください。
パーソナルトレーナーが作るお腹痩せ弁当

※本当に作っているの?と疑われそうなので、今度、動画を撮ってみようと思います。

 

私の話はこれぐらいにしておいて、
外食ランチで体脂肪を増やさないコツは、
しっかりとタンパク質を摂る。ということ

カフェで仕事をしていると、女性は
「パスタランチ」とか「パンを2個とカフェオレ」や、「サラダとおにぎり」など、
炭水化物だけ摂取しているケースを多く見かけます。

実は、これが一番体脂肪を増やす可能性が高い外食なのです。

本日は、外食に気を付けるポイントなどをご紹介していきますね。

 

何故、外食ランチで炭水化物だけはNGなの?

それは、血糖値の問題があります。

食べ物を食べると血糖値が上昇します。
血糖値が上がると、脳は「満腹」と感じて食べ物を食べなくなるのですが、
血糖値が上がったままだと、常に満腹と感じたままになってしまうので、
体内からインスリンというホルモンを出して、血糖値を下げようとします。

しかし、下がらない血糖値は脂肪として蓄えられてしまうので、
常に炭水化物を大量に食べている方は、要注意。
※炭水化物がNGということではなく、炭水化物の食べ過ぎがNGということ。

この血糖値はお腹痩せダイエットにはとても重要になってきます。

ここで、3大栄養素の血糖値の上昇をとても簡単に図で表してみました。

図で分かる通り、炭水化物は一気に血糖値が上昇して、
急激に下がります。

それに比べて、タンパク質や脂質はゆっくり上がりますが、それに伴ってゆっくりと下がります。

これが、ポイント!!

先ほど、外食ランチで炭水化物だけはオススメしないとお伝えしましたが、
炭水化物だけだと、血糖値が上昇した分、下がったときに、何か食べたくなってしまうのです。

炭水化物は約2時間ほどかけて、消化されます。
消化された後に、お腹が空いて口が寂しくなってなにか、甘い物、、、、
ということになってしまう可能性が高い。

こうゆう理由から、炭水化物だけのランチはオススメしていません。

 

タンパク質や脂質だけの消化時間はどれぐらい??

タンパク質の種類や、脂質の食べ物によって違いますが、
一般的なお肉(豚肉、牛肉、鶏肉)の場合、約6-8時間かかると言われています。

つまり、ゆっくり消化しているので満腹感が続く。ということなのです。

タンパク質はこのブログでもしつこくお伝えしている通り、
タンパク質を摂らないとお腹痩せダイエットは難しいので、しっかりとタンパク質を摂取しましょう。

 

外食ランチで気を付けることは?

パスタランチをする場合は、少しでもタンパク質が摂れるメニューを選ぶようにしましょう。

例えば、エビのパスタやツナパスタ、ミートソースでもいいでしょう(ひき肉は脂質も多いので要注意)

パンだけのランチの場合はサンドウィッチがオススメ。
サンドイッチだと、最近はお肉を挟んでいるサンドウィッチもあるので、
そんなメニューをチョイスしてみましょうね。

おにぎりランチの場合は、是非、サラダにタンパク質が追加されているメニューもあるので、
そうゆうので、タンパク質補給を忘れずに。

まとめ

外食ランチで炭水化物だけだと、体脂肪になりやすいので、
是非、タンパク質も一緒に食べるようにしましょう!
それだけで、満腹感も違いますし、腹持ちは段違いですので
外食ランチの時は意識してみましょうね。

公式LINEからのお問合せは画像クリックをして、友達追加してメッセージをお願いいたします。

「お名前「性別」「年齢」「体験希望日時」を明記の上送信してください。
24時間以内にご返信させていただきます。
また、今だけ、友達追加してくださった方限定で、
「お腹痩せの7つの法則」という内容のレポート無料でお読みいただけます。

従来のお問合せフォームはこちら