こんにちは

 

横浜の関内馬車道でお腹シェイプ専門トレーナー桑島です。

 

昨日の記事で「内臓脂肪」について書きました。

 

その内容はこちらです。

 

 

ですが、内臓脂肪と皮下脂肪の大きな違いがあります。

 

 

内臓脂肪について

 

体脂肪には内臓脂肪と皮下脂肪があります。

 

内蔵脂肪とは字の通りに、内臓近くに付いている脂肪のことです。

 

内蔵脂肪が増えすぎると、「高脂血症」「高血圧」「糖尿病」の原因になります。

 

増えすぎてしまう原因は、生活習慣の乱れが原因で増えてしまうことが考えられます。

 

ですが、いい面もあります。

 

それは、内臓の近くにありますので内臓を衝撃から守る役割もあります。

 

内臓脂肪は実は落としやすく付きやすいという性質があります。

 

内蔵脂肪は食べ過ぎ飲みすぎをしてしまえば、内臓脂肪は増えてしまいます。

しかし、落としやすい性質もありますので、食事の改善と運動で落とすことが可能です。

 

内蔵脂肪の特徴は、内臓の周りに付くので、お腹周りが太くなりやすいです。

 

内蔵脂肪は男性に付きやすいという性質を持っています。

 

 

皮下脂肪について

皮下脂肪は、皮膚の下にある脂肪のことです。

 

 

皮下脂肪は内臓脂肪に比べると、落としにくい性質になります。

 

皮下脂肪の特徴は内ももや二の腕に付きやすい特徴がありますので、女性のスタイルが気になるのは、この皮下脂肪なんです。

 

皮下脂肪は内臓脂肪と違って、すぐに減るものではありません。

内蔵脂肪と同様に、運動と食事で減らすことが可能です。

 

 

 

脂肪が落ちる順番

 

脂肪が落ちる順番は

 

内蔵脂肪⇒皮下脂肪の順番で落ちていきます。

 

ですので、二の腕やお尻を引き締めたければ、まずお腹周りの脂肪が落ちてから二の腕やお尻周辺の脂肪が落ちはじめます。

 

 

本日もお読みいただきありがとうございます。