こんにちは

世田谷区等々力のBodySpace(ボディスペース)の桑島です。

 

健康に良い食事が必ずしも痩せるとは限らない

「健康に良い食事」

これは、連日テレビで放映されていますよね。
やれ、レンコンが身体に良いだの、バナナが便秘解消に良いだの、玉ねぎが血液をサラサラにするだの。

色々とありますが、
あなたは、「健康に良いと思っていて、それを食べれば痩せれる」と思っている食事はありますか?

はっきりと申し上げますが、
「健康に良い食事だからと言って、痩せるとは言えません!!」

健康に良い食事が痩せない理由とは?

まず、健康に良い食事とは何でしょうか?
ハッキリとした定義を私は見つけることが出来ませんでした。

私が考える、「健康に良い食事」とは
健康に良い食事を続けることによって、体にとって何らかの数値が改善すること。

と、私は考えていて
例えば、玉ねぎを食べ続けたことによって、高血圧だったのが正常値まで下がった。など。
ということです。

私も玉ねぎは1日1/4カットほど食べます。
これは、お弁当として持っていくのにこれぐらい食べるという事で、
決して私(桑島)が高血圧だから、血圧を下げるために食べている訳ではありません。

しかし、玉ねぎを食べていれば痩せるのか?
と聞かれたらNO

玉ねぎには身体を作るための栄養素はほとんど含んでいないためです。

体を作る栄養素とは?

おさらいになりますが、
体を作る3大栄養素は  
・糖質
・脂質
・タンパク質
となります。

5大栄養素になると、ビタミン、ミネラルが入ってきますが
ひとまずここでは、ビタミン、ミネラルは置いておきます。

糖質は
糖を主成分とする物質のこと。炭水化物も糖質を指します。
脂質とは
脂肪のことを指します。
タンパク質とは
アミノ酸の事を指します。

これらが3大栄養素になり、身体を作るのにこの栄養素を摂らなければなりません。
私もお客様の食事アドバイスでこの3大栄養素が摂れているか?を確認しています。

栄養素が足りていない場合、どんなに頑張ってもお腹痩せ・ウエスト引き締めは出来ません。
仮に、栄養素が足りていて、むしろ多い場合は減らしてもらいます。
(ほとんどの場合は糖質が多くて、タンパク質が少ない。という方が多いです)

話を戻して
先ほどの玉ねぎはどうでしょうか?
3大栄養素はわずかに入っていますが、
主な成分は、ビタミンB6、ビタミンC、カリウム、銅が主な成分です。

つまり、玉ねぎを食べたからといって、体に必要な栄養素は足りませんし、
体を作るにはあまり意味がありません。

お腹痩せ・ウエスト引き締めの基本は
糖質2:脂質2:タンパク質6
の割合での食事です。

この割合が崩れるとお腹痩せ・ウエスト引き締めは難しいです。

 

基本はタンパク質をメインで!

3食食べていたとすると、3食ともタンパク質をメインで摂るようにしてみましょう。
ですが、タンパク質だとお肉が思い浮かべますが、
お肉ばかり摂っていると、お腹が張ったり、腸内環境が悪くなったりするので、
+1品として、玉ねぎと大根おろしなんてのは有り。

お腹痩せ・ウエスト引き締めをするには、
タンパク質メインの食事を続けてみましょうね。

本日もお読みいただきありがとうございます。

お問合せは↓こちらから









LINE@のお問合せは↓こちらから