こんにちは

 

横浜で唯一のお腹・ウエスト引き締めのボディチェンジトレーナーの桑島です。

 

==========================

 

 

 

 

==========================

 

 

その甘い物の「一口」がお腹痩せから遠のいていく

 

昨日、youtubeにアップしたこちらの動画

 

「太らないスイーツの食べ方」というのをご紹介しました。

 

 

動画では、小分けにして食べると血糖値が安定するから良い。

という内容でお伝えしましたが、

 

動画の「太らないスイーツの食べ方」というは、

どうしてもスイーツを食べたい!!という方に向けた動画。

 

 

甘い物を食べないに越したことはない。ということを知っていただければと思います。

私の指導経験上、体に必要な栄養素がある物を3食食べていれば、

そこまで、甘い物は欲しくなくなります。

 

必要な栄養素とはタンパク質です。

タンパク質が足りていないと、脳内物質のセロトニンが足りなくなり、

体が甘いものが欲してしまうので、

 

お腹痩せにはタンパク質を摂ることで、甘い物を自然と欲しなくなります。

 

 

何故、一口食べるとお腹痩せから遠のくのか?

お腹痩せをするには

 

消費カロリー > 摂取カロリー =お腹痩せ出来る

 

 

という方程式が成り立ちます。

 

単純なことですが、この方程式をいつも忘れてしまうんですよね。

 

 

 

例えば、1日の消費カロリーを増やそうと、運動などで1日500Kcal減らすことに成功した!

40代女性の1日の基礎代謝の平均は1140Kcalと平均値があるので、

 

基礎代謝と運動の消費カロリーを足して、1日の消費カロリーは1640Kcalとなります。

 

 

お腹痩せをしよう!と思って、食事量は1食500Kcalに抑えた内容で、それを3食食べると

1日の摂取カロリーは1500Kcalとなります。

 

先ほどの方程式に当てはまると

 

消費カロリー > 摂取カロリー =お腹痩せ出来る

(1640Kcal)   (1500Kcal)  =(140Kcal)

 

上記のようになるので、このままいけばお腹痩せ出来るはず。

 

 

 

脂肪を1㎏落とすには7000Kcal必要と言われていていますので、

脂肪を1㎏落とすには

7000÷140=50(日)となります。

 

目標が3kgだったとしたら、21000Kcalとなるので、

21000÷140=150(日)

 

約4か月で目標達成のお腹痩せが出来ます。

 

 

しかし、チョコ1個食べてしまうことによって、

摂取カロリーが消費カロリーを上まってしまい

せっかく頑張って痩せようと消費したカロリーが無駄になってしまいます。

 

 

毎日少しづつ消費カロリーを上まってしまい

気づかず内に昨年買ったパンツが履けなくなってしまった、、、

 

という状態になってしまうのです。

 

 

先ほどもお伝えした通り、毎日少しづつ摂取カロリーを減らし、消費カロリーを増やせば

昨年買ったパンツが半年前まできつかったけど、最近ゆるくなった!

と感じるようにお腹痩せしていくのです。

 

 

そもそも、何故甘い物が欲しくなるのか?

 

女性は特に甘い物が好きな方は多いですよね?

(たまに全く食べないという方もいますが)

 

 

 

実は男性よりも女性のほうが甘い物が欲しくなる理由は

女性ホルモンの影響なのです。

 

 

女性が女性らしい体型を保つために、女性ホルモンが必要とされ、

女性は月に1回月経がありますが、

 

月経の際に、子宮に溜められていた糖分を大量に排出するために、糖分が不足になりがちで、

足りない糖分を補おうとするために、無意識のうちに甘い物が欲しくなってしまうのです。

 

 

 

無意識のうち甘い物が欲しくなるけど、お腹痩せをしたい!

どうすればいいの?

 

 

甘い物を食べたいけど、お腹痩せをしたいときのポイントは2つ

 

甘い物を食べたいけど、お腹痩せをしたいときのポイントは2つあり、

 

①小分けにしてたべる

②普段の食事でタンパク質を意識して摂る

 

この2つを意識してみましょう!

 

 

①小分けにして食べる

 

チョコを3個を一気に食べてしまうとか、ケーキ1カットを食べてしまう。

などの時はあるかと思いますが

 

ポイントは小分けにして食べる

 

チョコやケーキは砂糖を多く使われており、血糖値が急上昇しやすいです。

 

 

血糖値が急上昇すると、身体の中から血糖値を下げるために

インスリンというホルモンが出ます。

 

このインスリンが出ることによって、血糖値を下げるのですが、

下がりすぎてしまうと、今度は「脳が血糖値下がってるから血糖値上げて!」

という指令を出します。

 

血糖値を上げるために、再び甘いものが食べたくなるので、血糖値を緩やかに上げることがポイント

血糖値を緩やかに上げることによって、少し食べただけで満足します。

 

 

普段の食事でタンパク質摂取を意識する

 

甘い物が欲しくなる方は、1日の食事でタンパク質が足りていません。

 

1日のタンパク質量が足りていないと、

セロトニンという脳内物質が足りていないことが分かっています。

 

つまり、タンパク質不足→セロトニン不足→甘い物が欲しくなる

という流れになります。

 

 

タンパク質は1日に体重(g)ほど摂取が望ましい。

体重が52kgでしたら、1日に52gのタンパク質摂取ということになります。

 

それを続けていると、セロトニンが足りて甘い物が以前よりも欲しなくなるので、

1日に必要なタンパク質が足りているかチェックしてみましょう。

 

 

まとめ

タンパク質の摂取が足りないと、脳内物質のセロトニンが足りなくなり、

甘い物が欲しくなります。

 

それが続くと、毎日甘い物を常に食べることになってしまうので、

自分に必要なタンパク質摂取を意識してみましょう。

 

 

本日もお読みいただきありがとうございます。

 

↓LINEからでもお問合せ可能です。

体験希望日程を3日程ほど送信をお願いします。