こんにちは

 

横浜の関内馬車道で唯一のお腹シェイプ専門トレーナーの桑島です。

 

下腹部を凹ます2つのポイント

 

下腹部を凹ますポイントを二つお伝えしますね。

ものすごく簡単にお伝えすると、

■姿勢

■筋力トレーニング

 

の2つになります。

 

一つづつ説明をしていきますね。

 

 

 

姿勢がポッコリお腹に影響している

あなたは普段からお腹に力を入れている姿勢をキープしていますかか?

 

おそらく、ほとんどの方がしていないはずです。

そんな私も常にお腹に力を入れている状態をキープしているか?

と言われれば、そんなことはありません。

 

気づいたときにお腹に力を入れてお腹を凹ます程度です。

 

ですが、その「気づいた時に」というのがポイントで、

ポッコリお腹の方は「お腹に意識を向けていない」という方が多いです。

お腹に意識を向けていないので、立っているときも座っているときもお腹の力が抜けっぱなし。

そうなると、どうしてもポッコリお腹になりやすいです。

専門用語で腹圧(ふくあつ)が抜けていると言います。

 

お腹の力が抜けっぱなしの状態でいくら運動や食事を頑張っても

ポッコリお腹は改善されません、、、

 

せめて立った時に、お腹に力を入れるようにしてみましょう。

 

例えば、

家から最寄り駅まで行くときにお腹を凹ましたまま向かう

お友達と待ち合わせをしているときに立ってお腹を凹ましたまま待っている

朝食をするときに背中が丸くならないように背中を真っすぐしたまま食べる。

などなど、自分のタイミングでいいので

少し、お腹に力を入れる習慣を身に付けてみましょうね。

 

 

筋力トレーニングをするからお腹が凹む

私は、バーベルを使った筋力トレーニングで

お腹を引き締めます。

 

その理由はバーベルを使った筋力トレーニングからご覧くださいね。

 

こちらにも書きましたが、

バーベルを持つことによって自然とお腹にも力が入ります。

先ほど、腹圧の話をしましたが

バーベルを持つことによって、腹圧にも力が入ります。

そうなると、立った時に自然とお腹に力が入っている状態になるので、

お腹が引き締まります。

この腹圧を鍛える方法は色々とありますが、

私は、バーベルを使うのが一番効果的だと考えていますので

バーベルを使った筋力トレーニングを指導しています。

 

本日もお読みいただきありがとうございます。