こんにちは

 

横浜の関内馬車道で唯一のお腹・ウエスト引き締め専門トレーナーの桑島です。

 

トレーニング前に何を食べればいいですか?

実は、これは実際に指導させていただいているお客様から質問がありました。

 

かなりマニアックな質問ですよね。笑

 

結論からはトレーニングをする時間に合わせて食事を変えたほうが理想です。

 

トレーニング前は基本的には炭水化物が有効です。

 

え!?

ダイエットをするのに、炭水化物摂っていいの?

と思われました?

 

改めて言います。

 

トレーニング前にしっかりと炭水化物を摂ってください!

これはどうゆうことかというと、

例えば空腹状態の時に、トレーニングしてしまうと筋肉を分解してエネルギを作ろうとします。

これをカタボリックといいます。

カタボリックについてはこちらの記事を参考にしてください。

 

エネルギーが足りなければ、筋トレをしても筋肉を分解してしまうので、筋トレをすればするほど筋肉が分解されてしまいます。

 

そこで分解を防ぐのは、炭水化物なんです。

炭水化物によって肝臓や筋肉蓄えられたグリコーゲンを筋トレ時にエネルギーをして使ってくれます。

 

トレーニング30分前とかだと、バナナが一番いいです。

ですが、トレーニング30分前に定食などを摂らないでください!

その理由は定食などは炭水化物のほかにタンパク質や脂質を摂る可能性があります。

ご飯だけならまだしも、脂質やタンパク質は消化に時間がかかりますし、消化器官に負担がかかります。

定食などはトレーニング2時間前ぐらいに食べ終わっていると理想です。

朝の10時からトレーニングでしたら、遅くとも朝の8時ぐらいまでには食べ終わっているのが理想です。

 

何故、2時間前かというと、

食事をすると血糖値が上昇します。

血糖値が高いままだとトレーニングが血糖値を下げるための運動になってしまうのです。

 

血糖値はおおよそ2時間で下がり始めるので、そのタイミングでトレーニングできると理想です。

 

バナナなどは血糖値はすぐ上がりますが、

すぐ下がるので問題ありません。

 

 

本日もお読みいただきありがとうございます。