こんにちは

 

横浜の関内馬車道で唯一のお腹シェイプ専門トレーナーの桑島です。

 

ウエスト痩せの3つのポイント

じめじめとした季節になり、

薄着で身体のラインが分かる洋服を着るようになりますよね。

 

気になるのは、袖から出る二の腕そうですが、

お腹周りを気にする方が多いです。

特に、下腹部とウエスト

下腹部は明日にでも投稿します。

 

本日はウエストにフォーカスしてお話していきます。

 

ウエスト痩せをするには以下の3つのポイントが必要になります

①腹直筋(腹筋)のトレーニング

②腹斜筋(ウエスト)のトレーニング

③肋骨と骨盤の距離を広げる

 

この3つのポイントが必要になります。

 

順番に説明していきますね。

 

 

腹直筋のトレーニング

そもそも腹直筋とはどこでしょうか?

腹直筋 に対する画像結果

こちらの図が腹直筋になります。

腹筋は肋骨から恥骨まで付いている縦長の筋肉です。

 

この筋肉は、腹筋運動で一番効果がある筋肉になります。

ですが、ここで注意が必要です!

 

やみくもに腹筋運動をするのではなく、

縦長ですので、しっかりと腹筋を伸ばしてから縮めることによって

腹筋に凄い刺激が入ります。

それが下記の図

 

このようにすると、腹筋に更に刺激が入ります。

バランスボールが無ければ、バスタオルなどを丸めて背中に引いても良いと思います!

 

 

腹斜筋のトレーニング

 

今度は腹斜筋です。

腹斜筋 に対する画像結果

 

本当は図の外腹斜筋(がいふくしゃきん)のほかに

内腹斜筋があるのですが、ややこしくなりますので割愛します。

 

「ウエスト」と言ったらこの外腹斜筋と思ってください。

 

このウエストの筋肉は、女性らしい身体を作るのにとても必要です。

 

トレーニングのコツは

肋骨と骨盤の距離を縮めることです。

動画でご覧ください

 

このよう片膝と片肘を近づけるようにトレーニングすると効いてきますよ。

ポイントは右の肋骨と左の骨盤を近づけるようにすることですね。

 

 

肋骨と骨盤の距離を広げる

 

これを読んでいるあなたは姿勢が丸くなっていませんか?

 

姿勢が丸くなっていると、

実はウエストのラインが潰れてしまいます。

 

肋骨と骨盤の間 に対する画像結果

 

これを見て頂けるとお分かりいただけると思います。

 

そうなんです。

姿勢一つでウエストが出来るか出来ないかが決まってしまいます。

座っているときは誰でも重力に負けて、背中が丸くなってしまいます。

 

ですが、歩く時や立っている時にお腹に力を入れて肋骨と骨盤の距離を広げることを意識として持っていると

普段から姿勢が変わってきます。

 

ウエストを作るのに相当な努力が必要な場合はほとんどありません。

日常生活から意識しているだけで、ウエストを作りやすくなります。

本日もお読いただきありがとうございます。