こんにちは

 

お腹・ウエスト引き締め専門トレーナーの桑島です。

=====================

[free_btn2 color=”red” size=”l”]㏋はこちら[/free_btn2]

 

 

[free_btn2 color=”red” size=”l”]youtubeはこちら[/free_btn2]

 

=====================

 

 

ゆ、誘惑に負けてしまいました、、、

 

なんの誘惑やねん!!

ってツッコミがありそうですが、

 

私、普段全くこれを買わないんです。

しかし、先週の日曜日に静岡の富士市で活躍されているパーソナルトレーナーにお休みの日に1時間だけいただき

話を聞きにいきました。

こちらが富士市にあるスタジオです。

 

 

その帰りに、「これ娘に持っていきな!」と言われて、くださったのが

これ↓

(封が切ってある画像で申し訳ございません)

 

 

おそらくこのシリーズを嫌いな人がいないだろう。

そう、じゃがりこ(チーズ味)

 

私、全くお菓子を食べないんです。

※本当はすっごく大好きなのですが、トレーナーという職業柄食べないようにしています。

でも、たまーに食べてしまうんですけど、、、

 

 

タイトルの「誘惑に負けました」というのは、このじゃがりこを食べてしまいました。

ということです。

 

じゃがりこを一人で食べてしまいました。。。笑

食べている最中はとても美味しくいただいたので、良かったのですが

現在、プチ減量中の私にとって、食べた後の罪悪感を計り知れないものでした。。。

 

 

本日はじゃがりこを食べてしまった後に気づいたことをお伝えします。

 

 

食べてしまったものはしょうがない!

これを読まれているあなたも、もしかしたら減量中かもしれません。

なので、「こんな画像を見せないで!」と思われるかもしれませんが、少しお付き合いください。

 

まず、はっきりと自分(私)に言いたいことは

「食べてしまったものはしょうがない!!」と言い聞かせました。

 

食べている間はとても美味しく感じましたし、

久しぶりの食感を楽しみました。

 

食べた後に罪悪感はとても感じました。

 

 

というのも、現在、プチ減量中なので食事量を気にしています。

気にしているが故に、お菓子を食べてしまって、罪悪感を感じました。

 

しかし、そこで「あー。なんで今食べてるんだろう。お前(桑島)は今、減量中だろ?」

と、自分に言い聞かせしまうと、セルフイメージが下がってしまい、

この後の減量に響きそうだったので、

 

そのようなことは自分に言いませんでした。

 

 

では、どんな言葉をかけたのか?

「食べてしまったものはしょうがない!また、明日から減量頑張ろう!じゃがりこ美味しかったね」

という言葉を自分に言いました。

 

食べてしまったことを後悔するより、

食べた後にどんな行動をするのか?のほうがとても大事です。

 

前者はセルイメージが下がりますが

後者はセルフイメージが上がります。(上がるほどでもないですが)

 

 

自分に言い聞かせる言葉がけで、お腹痩せって出来るか出来ないか決まってくる。と

言っても過言ではありません。

 

 

そして、もう一つ気づいたこと

それは、「目に見えるところにお菓子を置かない」ということです。

 

間食を止められない方にぜひ、オススメしたいのが

お菓子を目に見える場所に置かない。ということです。

 

間食を止める時の対処法はこちら

 

 

お菓子が目に見える場所にあると

視覚的に「なんとなく食べたい」と感じてしまい、

食べなくてもいいのに、

「じゃがりこのあの食感が良いんだよね」

「たまに食べると美味しんだよね」

 

と脳内で、じゃがりこを食べたときの記憶を思いだして脳内再生します。

 

そうなると手がお菓子(今回はじゃがりこ)に手が伸びてしまうのです。

 

 

つまり、視覚的に食べてしまう可能性が高いので、

間食が止められない方は、是非、目の見えない場所にお菓子を置いてください。

 

余談ですが、今、私に2歳の娘がいますが

お菓子があると、食べたくなってしまうので、

お菓子を入れている袋は目に届かない食器棚の上に置いてあります。

 

 

 

まとめ

 

もし、現在お腹痩せのために頑張っているときに

甘い物やお菓子を食べてしまった場合、自分のことを下げるような事を自分自身に言わないほうがいいです。

自分に対して自分自身を下げるようなことを言ってしまうと、

セルフイメージが下がってしまうので、

お腹痩せは上手くいかなくなってしまいます。

 

 

それでしたら、自分自身を高めることを常に言ってあげたほうがいいですよ。

セルフイメージが上がると、お腹痩せの確率もグッと高まります。

 

そして、食べてしまったものはしょうがないので

次の日の食事などを気を付けましょうね。

 

 

私が言いたかったのは、

間食を止めれない場合は、「目に見えない場所にお菓子を置く」ということです。

目に見える場所に置くと、視覚的に食べたくなってしまうので

どうしても食べてしまいますから、

 

目に見えない場所に置くようにしましょう。

 

本日もお読みいただきありがとうございます。

 

 

トレーニングの問い合わせはこちら









 

LINEからでもお問合せ可能です。

LINEから問い合わせの場合は「お名前」「体験希望日時」を明記のうえ送信お願いいたします。