こんにちは

 

横浜で唯一のお腹・ウエストシェイプ専門トレーナーの桑島です。

 

おかげさまで、ブログの記事が200記事に到達しました。

これからも、ゆるいペースで書いていきますので、

読んでくれたら嬉しいです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1年ぶり12月の申し込み限定でダイエットモニターを募集します。

詳細はこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

どれくらいの体脂肪だったらお腹痩せなのか?

私のブログで、お腹痩せをするには

体重ではなく体脂肪を減らしましょう!

 

という話をしています。

 

では、具体的にどれぐらいの体脂肪まで減らせばいいのか?

という疑問を持ちますよね?

 

本日は、お腹痩せをするのに、どれぐらいの体脂肪にしたらいいか?をお伝えします。

 

 

そもそも、人によって現在の体脂肪率が違います。

 

例えば、体脂肪率40%の人がトレーニングをしてお腹痩せをする人と、

体脂肪が30%の人がトレーニングをしてお腹痩せをするのと

全然違います。

 

そもそも、人によってお腹痩せの定義が違いますよね?

 

 

人によっては、現在体脂肪が20%で最終的に体脂肪14-15%がお腹痩せ!

という方もいますし、

現在体脂肪が30%で最終的に体脂肪20%ぐらいでお腹痩せ!という方もいます。

 

お腹痩せをするのに、どれぐらいの体脂肪になったらお腹痩せなのか?

というのを設定するところから始めます。

 

設定をしたら、後はどれぐらいの期間で達成したいのか?

を決めれば、逆算して計算していけば達成します。

 

例えば、体脂肪1㎏落とすのに約7000Kcal消費すれば脂肪1㎏落ちます。

イコールではないのですが、脂肪1㎏落ちれば、体脂肪約1%落ちると思ってください。

 

ということは、元々体脂肪が30%の人が体脂肪25%になるためには、

脂肪5㎏×7000Kcal=35000Kcalの消費が必要になります。

これを半年かけて行うとしたら、

35000Kcal÷180日で1日約194Kcalの消費が必要になってきます。

3ヵ月での設定でしたら、1日約388Kcalの消費が必要です。

 

余談ですが、クロスフィットで有名なAYA]トレーナーはおそらく体脂肪14%ぐらいだと思います。

 

 

女性が危険な体脂肪

ここまで、お話すると

「そっか!、体脂肪を落とせばいいんだ!!!」

 

と勘違いされそうです。

今や、SNSが主流でモデルさんや女優さんがトレーニングをしている動画などがすぐに見れることによって、

それをすぐに真似して、トレーニングを真似したり、

体脂肪を極端に減らそうとします。

 

ハッキリお伝えしますが、

危険ですので止めてください!!!

 

 

モデルや女優さんは専門家に指導してもらって、

現在の体型を維持しています。

 

それをやみくもに、運動をしたり極端な食事制限をして

体脂肪を減らそうとすると、

 

女性の場合、生理が止まったりする可能性が高くなります。

 

これは、ホルモンバランスが崩れてしまう為です。

文献によって多少誤差はありますが、

体脂肪16~18%以下になると、生理機能が止まってしまう可能性が高くなります。

 

これをふまえて、女性の場合、ただやみくもに体脂肪を落とすのではなく、

体脂肪を落とすには最低でも19-20%ぐらいまでにしておいたほうが良いでしょう。

 

 

脂肪を役割

「脂肪」と聞くと、ダイエットの敵!!

 

というイメージがありますが、

脂肪も役割を改めてお伝えしますね。

脂肪の役割は大きく分けて3つあります。

 

 

一つ目は、エネルギーとして使われます。

よく、有酸素運動を20分以降行うと、脂肪が燃える!と言われますよね?

それが、エネルギーとして使われているというということです。

 

二つ目は

保温効果があるということです。

体温が極端に下がりすぎないために、体温維持の役割があります。

 

三つ目

各種ホルモンの生成や、外部衝撃から守るクッションの役割があります。

 

 

まとめ

お腹痩せをするために、どれぐらいの体脂肪を落とせばいいのか?

 

それは、人によって違うので、

まずは、自分が「この数値になったらお腹痩せだな!」という数値を設定をして、目標期間を決めます。

 

そして、やみくもに体脂肪を落としてしまうと

ホルモンバランスが崩れてしまうので、

落としても体脂肪率20%ぐらいまでにとどめておくといいでしょう。

 

 

本日もお読みいただきありがとうございます。