こんにちは

 

横浜の関内馬車道で唯一のお腹シェイプ専門トレーナーの桑島です。

 

トレーニングした結果、、、

 

「どこも筋肉痛がなく山から下りてこられました!」

 

これは、お客様がおっしゃっていた話です。

 

ーーーーーーーーーここからーーーーーーーーーー

お客様

「山から帰ってきてもどこも筋肉痛なかったんです!!!!」

 

「おー!!それは凄いですね!!」

 

お客様

「だいたい、ふくらはぎが次の日に筋肉痛になるですが、どこも痛くないのは、トレーニングのおかげです。ありがとうございます」

 

「いえいえ、H様がトレーニングに励んでいる結果ですよ」

 

 

ーーーーーーーーここまでーーーーーーーーーー

 

劇的に(少し大げさかも)お腹痩せをしたにもかかわらず、

趣味の山登りでこのような効果を感じられるのは嬉しい限りです。

 

この方のお客様の声はこちら

 

 

何故、このようにトレーニング効果を感じるのか?

 

これには、筋肉と筋力がどちらもついたからだと私は考えます。

 

筋肉とは?

関節や骨を動かすための器官です。

走ったり、歩いたり、立ったり、座ったり、などの日常生活ではこの筋肉を動かして日常生活を送っています。

もっと細かくいお伝えすると

筋肉には

・骨格筋

・心筋

・平滑筋(へいかつきん)

の3つに分かれます。

 

骨格筋は骨を動す筋肉ですので、上記のような日常生活で使われる筋肉です。

心筋は心臓を動かす筋肉で、心筋は自分では動かせません。というか勝手に動いてくれてます。

動いてくれないと心臓が動いていない。ということなので、、、

後は省略します。

平滑筋は消化器や、泌尿器、血管などの筋肉なのですが、

これも勝手に動いてくれます。

 

筋力とは

筋力とは、筋肉の力のことです。

 

例えば、あなたがお米20㎏を毎日運ぶお仕事をしているとします。

 

最初はとても大変です。

1日務めただけで、全身筋肉痛です。

 

ですが、不思議なことに2か月も務めると、

同じ20㎏のお米でも「重い」と感じることには変わりはありませんが、

最初の時よりも持てるようになります。

 

これは筋肉がついたというより、

筋力が付いたのです。

(少なからず筋肉はつくと思いますが)

 

 

トレーニングをしていて、筋力が付くことによって

以前では出来なかった重さでもトレーニングが出来るようになる

というのが、筋力が付いたことになります。

 

余談ですが、

「全く運動していないから、筋肉が落ちちゃった、、、」と

言う方がいますが、

筋肉はそんな簡単に落ちません。

 

落ちたのは、筋力です。

 

 

少し話を戻すと、登山で筋肉痛が毎回きていたのが感じられなくなったのは、

 

しっかりと筋力トレーニングをすることによって、

筋力が飛躍的にアップしたことによります。

 

登山をするには、お水は防寒着、雨具など色々と荷物を持たなければいけません。

人によってはリュックの重さが10㎏を超える方もいるみたいです。

 

運動していない方は、10㎏を担いで登山をすれば

ほぼ筋肉痛はきます。

 

ですが、H様のようにしっかりと筋力トレーニングをしていれば、

筋肉痛を防げるのです。

 

 

本日もお読みいただきありがとうございます。