こんにちは

 

世田谷区等々力のお腹痩せ・ウエスト引き締めに特化した専門ジムBodySpace(ボディースペース)の桑島です。

 

=====================

[free_btn2 color=”red” size=”l”]㏋はこちら[/free_btn2]

 

 

[free_btn2 color=”red” size=”l”]youtubeはこちら[/free_btn2]

 

 

=====================

 

お腹痩せをしたい!けど、お菓子を止められない時の対処法5選

お腹痩せをしたい!けど、お菓子が止められない、、、

という方は結構多いですよね。

 

これを読まれているあなたも、お菓子を食べてしまっているかもしれません。

 

そこで、お腹痩せをしたいけど、お菓子が止められない方に向けて

対処法5つをご紹介していきますね。

 

 

勘違いしてほしくないのですが、

私は糖質制限推奨しているわけではありません。

 

糖質制限は推奨はしていませんが、お菓子制限は推奨しています。

 

 

 

止められない原因は糖質依存症になっているから

対処法5つをご紹介する前にしっておいてほしいのは

お菓子を止められない方は、糖質依存症になっている可能性が高い。ということです。

 

糖質依存症とは

甘い物(特に砂糖)などが入っている食べ物や飲み物をたくさん摂っていると、

脳はさらに多くの糖質を欲しがるようになります。

そして、甘いものを食べると脳は欲求が満たされ快楽物質と言われる「ドーパミン」を分泌します。

これによって人は幸福感を感じるのです。そして一度この幸福感を味わうと、

脳はもっと長く強い幸福感を求めるようになります。

そのため、もっと頻繁にたくさんの甘いものを食べたい、と思うようになるのです。

 

これが、糖質依存症の症状です。

 

糖質を摂ったときに「幸福感を感じる」とは麻薬や覚せい剤と同じ快感なので

中毒性が高いんですよね。

 

中毒性が高いので、どうしても繰り返し欲してしまい

お菓子を止められなくなってしまい、お菓子を食べ続ける、ということは

脂肪が増える。ということになるので

 

糖質依存症の方は、お腹痩せは難しいのです。

 

 

では、どのようにお菓子を止めればいいのか?

 

 

お菓子を止めるときの対処法5選

 

では、ここから具体的にお菓子を止める時の対処法をご紹介します。

私がお菓子を止めれないお客様にお伝えするのは

 

・3食しっかりと栄養のあるものを食べる

・タンパク質を摂る

・間食は脂質の少ないもの

・食べたくなったら深呼吸

・友人とご飯行くときなどは気にしない。

 

この5つでお伝えしています。

 

詳しくご紹介していきますね。

 

3食しっかりと栄養のあるものを食べる

お菓子を食べてしまうかたは、総じて食事から摂取する栄養素が足りていません。

 

お腹痩せをしようと思って、カロリーが少ない食事で済ませていたり

お昼はおにぎり1個とヨーグルトとか、夜は食べない。など

明らかに、食事量も少なく食事の栄養素も足りていない方が、「お腹が空いた」と感じて

「お昼少なかったし、お菓子食べよう」となっている場合がありますので、

注意が必要です。

 

 

食べたもので体は出来ているので、お菓子ばかり食べていたとしたら、

骨は作られませんし、もちろん筋肉や血なども作られませんので、

ダイエット以前の問題です。

 

お腹痩せをしたいのなら、しっかりと栄養素のある食事を3食意識して食べましょうね。

 

 

 

タンパク質を摂る

お腹痩せをしたい女性はタンパク質が圧倒的に足りていません。

 

タンパク質は筋肉を作る栄養素や肌、内臓、髪の毛などの体のあらゆる部位に使われる栄養素になります。

しかし、タンパク質が足りていないと、筋肉も作られないので、

しっかりと摂りたい栄養素です。

 

また、タンパク質が足りていると筋肉が作られるだけでなく、

血糖値を一定に保つ働きもあるので、血糖値が下がったときに甘いものを食べなくなくなります。

それによって、不必要な甘い物を食べなくて済むので、脂肪の増加を防げます。

 

 

間食は脂質の少ないものを摂る

間食というと、どうしても甘い物を食べてしまうのですが、

それを行ってしまうと、脂肪増加してしまい、いつまで経ってもお腹痩せ出来ませんので

オススメしている間食は

 

・するめ(渋いですがタンパク質多いです)

・ナッツ(良質な油を摂ることで空腹を防げます)

・ゆで卵(最強の間食食品です)

 

 

ゆで卵は常に持っていることは難しいかもしれませんが、

ナッツなどは、カバンに入れて置いて「空腹を感じたら数個食べる」ぐらいにしておくだけでも

甘い物の間食を防げます。

他にはラムネもオススメしていて、ラムネはブドウ糖で出来ています。

ブドウ糖は脳の唯一の栄養素ですので、ラムネを食べると空腹を紛らわせることが出来るので

オススメな食品の1つですよ。

 

 

食べたくなったら深呼吸

どうしても、食べたくなったときに手を伸ばして食べてしまうのではなく

「一度、深呼吸をしてみましょう」

 

なぜか?

深呼吸をして、自分に聞いてみてください。

「私(あなた)は本当に今、甘い物をたべたいの?ただ、目の前にあるから食べたいだけじゃないの?」

と自問自答してみてください。

 

意外と、食べなくて済みます。

(私⁽桑島⁾の実体験で)

 

目が届く場所に甘い物があると、どうしても食べたくなってしまうので、

手を伸ばす前に一度止まって「深呼吸をして自問自答してみましょう」

 

 

友人と食事をするときは気にしないで食べる

 

いくら、普段から甘い物を我慢していたとしても

「友人と一緒ご飯行くときは食べてください。」

とお伝えしています。

 
友人はあなたの目の前で甘い物を食べているのに、あなたは食べれない。というのは生き地獄みたいな感じですし
友人もなんとなく、あなたに気を使って食べるのを控えるかもしれません。
 
そうなっては、せっかくの食事の機会なのに勿体ないので
気にしないで食べてください。
 
先日ご紹介した、こちらのお客様は
先月インターコンチネンタルホテルで行われたイチゴビュッフェに行ってきたそうです。

もちろん、私はOKとお伝えして、イチゴビュッフェに行ったあとの食事量などを調整してもらいました。

 

たまに息抜きがあっていいんです。

それがあるから、普段のダイエットも頑張れるんですよ。

 

 

 

まとめ

 

お菓子を止めれない方は糖質依存症になっている場合が多いので

まずはしっかりと3食栄養素のあるご飯を食べると共に、タンパク質を摂る。

もし、お腹が空いたら間食は脂質の少ないものを摂る。

 

それでもどうしても甘い物を食べたくなったら一度立ち止まって、「本当に今、甘い物を食べたいか」を深呼吸をして自問自答をする。

 

甘い物を食べるときは、外食をした場合などに決める。

 

 

 

 

これだけでも十分お腹痩せできますので、是非、実践してみてくださいね。

 

 

お問合せはこちら









 

LINEからでもお問合せ可能です。

「お名前」「年齢」「体験希望日時」を明記のうえ送信してください。