こんにちは
世田谷区等々力のお腹痩せ・ウエスト引き締めパーソナルトレーニングスタジオBodySpace(ボディスペース)の桑島です。

 

お腹痩せには脂質は要らない!それ本当ですか??

 

脂肪を摂ると太る。
そんなことはいつになっても言われますね。

しかし、本当に脂質を摂ったところで太るのか?
ということです。

実は糖質とも一緒で、脂質を摂りすぎれば脂肪になりやすいですが
適量であれば問題ない。ということ知っておいてください。

では、具体的にどういったことなのか説明していきますね。

脂質も重要なエネルギー源

脂質は3大栄養素ということをまずは念頭に置かなければなりません。

3大栄養素とは
・糖質
・タンパク質
・脂質

この3つから成り立つ、人間にもっとも必要な栄養素になります。

・糖質は1gあたり4Kcal
・タンパク質は1gあたり4Kcal
・脂質は1gあたり9Kcal
と、糖質・タンパク質に比べて1gあたりのカロリーが高い。
これによって、「脂身を食べると太る」とか「油は控える」などと、言われるようになったのではないでしょうか?
※脂質が太る。これは誰が言い始めたのか分かりません

話は身体の構造の話になりますが、
基礎代謝という言葉をお聞きになったことはあるでしょうか?

基礎代謝は、1日24時間で消費するカロリーのことなのです。
平均的な数値は
女性で1200Kcal、男性で1500Kcalと言われています。
※これはあくまで一般的な数値
※下記のサイトで計算したら私は1600Kcalと出ました。

つまり、私の場合、24時間寝ていても1600Kcal消費するということ。
なぜ1600Kcalも消費するのか?というと、

心臓を動かす、呼吸をする、内臓を働かすなどで筋肉を動かしているので、
これだけ消費するのです。
(心臓や内臓は自分で動かすことが出来ないので、不随意筋と呼ばれています)

こちらで大体の基礎代謝の計算できます。↓
https://keisan.casio.jp/exec/system/1161228736

あくまで、身長・体重・年齢で計算されているので、
ぴったりではありません。

で、何故、基礎代謝の話をしたのかというと
基礎代謝のエネルギーが脂肪(脂質)なんです。

毎日脂質は100g消費する。と言われていて、
運動をたくさんする方は200g消費すると言われています。

まぁ、仮に100gだとしても
100g×9Kcal=900Kcalは常に脂質を消費しているということになります。

これは、お肉でいうと800gのお肉を摂らないといけないということになりますが、
どうでしょうか?それだけいつもお肉食べれますか??

いきなりステーキの300gのヒレステーキでもお腹いっぱいになります(むしろ少し残すぐらのボリューム)

おそらく、食べれる方は少ないはずです。

では、何故脂肪が増えてしまうのか?

甘い物やお菓子、お酒の食べ過ぎ飲みすぎ

おそらく、脂肪が増えて悩んでしまっているかたは、
これが原因の可能性大。

お菓子や、甘い物、お酒はもっとも太りますので
食べ方には注意しなければなりません。

では、どうやって注意するか?
こちらのブログに細かく書いてありますので、
こちらを参照にしてみてください。
甘い物を食べたいときの対処法

是非、しっかりと調整をしながらお腹痩せしていきましょうね!

本日もお読みいただきありがとうございます。

公式LINEからのお問合せは画像クリックをして、友達追加してメッセージをお願いいたします。

「お名前「性別」「年齢」「体験希望日時」を明記の上送信してください。
24時間以内にご返信させていただきます。
また、今だけ、友達追加してくださった方限定で、
「お腹痩せの7つの法則」という内容のレポート無料でお読みいただけます。

従来のお問合せフォームはこちら