こんにちは

 

横浜の関内馬車道で唯一のお腹シェイプ専門トレーナーの桑島です。

 

 

お腹を引き締めるのに有酸素運動が先か、筋トレが先か

 

結論からお話をさせていただくと、

有酸素運動よりも、筋トレを先に始めたほうがいい!

と私は考えます。

 

 

例えば、今、しっかりと筋トレをしていてもう少し体脂肪を落としたい!

とお考えなら、有酸素運動が効果的です。

 

 

 

というのも、有酸素運動は脂肪を分解してエネルギーを作るので、

体脂肪を落とすには有効です。

 

 

脂肪が燃えるのは20分後から。

こんな話を聞いた事があるかと思います。

 

運動を初めて20分以内は、糖質をエネルギーとして使われて

20分以降は、脂肪をエネルギーとして使うので、有酸素運動をするには

20分以降からが本番。

と、私もフィットネスクラブで働いている時に言われましたが、

 

有酸素運動で20分以降じゃないと脂肪が燃えない。

というのは、勉強していけばそれは「嘘」というのが分かりました。

有酸素運動で1分でも行えば少なからず脂肪をエネルギーとして使われ始めます。

 

 

ですが、全く運動をしていない方がいきなり「お腹周りの脂肪を落としたい」という理由で、
有酸素運動をするのはお腹痩せが遠ざかります。

 

 

その理由は有酸素運動を行えば行うだけ、脂肪をエネルギーとして使って脂肪は減ってくれますが、

ある期間までいくと、「筋肉を分解してエネルギーを使ってしまう」ということになります。

 

簡単に説明すると、筋肉量が減る。

ということです。

 

ただ、単純に体重を落としたいならこの方法でもいいと思いますが、

「身体を引き締める」という目標があるなら、有酸素運動は大きな落とし穴なわけです。

 

身体を引き締めるに、筋力トレーニングは欠かせません。

筋力トレーニングをすれば、しっかりと身体は引き締まっていきます。

 

先程の有酸素運動は脂肪は減るが筋肉量も減る事になりますので、

ちょっと残酷な言い方をすると、「不健康な痩せ方」に見えてしまうかもしれません。

 

女性でしたら、引き締めるという願望はあっていいのですが、

脂肪が減りすぎると、「◯◯さん、大丈夫?」と心配をされてしまう痩せ方になってしまうのです。

 

私は、健康的な状態でお腹を引き締めるのに、筋力トレーニングを行います。

 

 

健康的な状態でお腹痩せを行うには、軽めの糖質と筋力トレーニングで十分身体は引き締まります。

 

本日もご覧いただきありがとうございます。