こんにちは

 

横浜と関内馬車道で唯一のお腹・ウエスト引き締め専門トレーナーの桑島です。

 

 

お腹を凹ますのに知っておきたい2つの事

春も中旬に入り、早い人は夏を意識しつつあるかと思います。

 

夏は薄着をしまうので、どうしても体型を気にしがち。

そこで、気になるのがお腹周りとウエスト。

 

なんとかしなくちゃいけないけど、「何故こんなにお腹が出始めたのか分からない、、、」という方も多い。

 

そこで、今回はお腹を凹ますのに知っておきたい2つのことをご紹介します!

 

 

知っておきたい1つ目

最初に、何故お腹が出始めたのか?をご自身で理解しておくことがまずは重要です。

 

あなたに小学校6年生の娘さんがいるとして、

娘さんはとてガッカリした様子で帰ってきます。

 

あなたは「どうしたの?」と聞くと、

娘さんは、「算数のテストの点数が10点だった、、、」

 

 

ここまでは、どこにでもあるようなごく普通の会話ですよね。

(私も算数が苦手でしたので、この気持ち分かります。さすがに10点は無かったですが)

 

しかし、あなたは娘さんが何故このような点数を取ってしまったかた知っています。

それは、「算数の勉強をほとんどしていないから」です。

国語は得意で100点を取る事は出来るので、国語はたくさん勉強をしますが、算数は苦手なので、算数はほとんど勉強をしていません。

 

つまり、得意なことはやるけど、苦手なことほとんどやらない為このような点数を取ってしまったのです。

 

 

話を戻すと、お腹周りに脂肪が付いてしまったのは、何かしらの原因があるのです。

例えば、

・毎日間食をしてしまう

・炭水化物が大好きでご飯はおかわりをしてしまう。

・丼&麺のセットを良く食べる

・ついつい、夜のアイスが止められない

 

など、色々と原因があるかと思います。

 

お腹に脂肪が付いてしまった原因をあなた自身が理解しているのか?

それが一つ目のポイントになります。

作家のジェームズ・アレンはこのように言っています。

 

私たちがこれまで考えてきたこと(原因)が、私たちを今の環境(結果)に運んできたのです。

自分の現在(の環境)は、自分の過去の行動の積み重ねの結果として生まれている。行動は思考から生まれる。

つまり、過去の自分の考えという原因が今の環境という結果を生み出している、ということではないでしょうか。

 

つまり、原因=結果ということなんです。

 

先週食べてしまった、チーズスフレが1週間後の体重として、1か月後に体型として出てくるということなんです。

 

 

あなたは、お腹に脂肪が付いてしまった理由を分かっているでしょうか?

 

 

知っておきたい2つ目

二つ目はどのようにお腹痩せをするのか?

ということです。

 

人によっては、普段から運動をしているけど、中々お腹痩せしない。

毎週、ヨガに参加しているけど、なかなか痩せない。

月3回はランニングしているけど、ランニング終わった直後は体重が減っているが、数時間すると元に戻ってしまう。

 

という方は、おそらく「食事の見直し」が必要になってきます。

食事の量って、自分ではあまり食べていない(もしくは、栄養素が足りていない)のに、痩せない場合は、痩せる食事を基準にしたら「食べ過ぎ!!」というパターンが結構あります。

 

これってなかなか自分では気づかないんですよね。

これは、客観的に食事のアドバイスをしてもらう必要があります。

 

 

先日、体験トレーニングを行った37歳のEさんは

「ヨガを週に3-4回参加してるけど、お腹周りに脂肪が付き始めた」

と最初のカウンセリングでお話をされました。

そこで、詳しく話を聞くと

「夜18時以降は食事を食べないようにしているんです。でも、それだと次の日の朝食まで時間が空き過ぎちゃうから、20時ぐらいにフルーツを食べいます」

 

私はズバッと「そのフルーツが原因ですね」とお伝えしました。

フルーツを食べることはいいのですが、

食べる時間によっては、オススメできません。

特に夜の時間帯のフルーツを食べないほうがいいですよ。

フルーツの果糖は身体のエネルギーとして使われなく、

脂肪として蓄えられてしまうので、特別摂る必要はあまりないかと私は考えています。

 

次に普段は忙しくて、運動をする時間はほとんど確保できていない。という方。

 

その方は、スケジュールに運動を入れることから始まります。

いきなり仕事終わりに、ジムに通ってとか、高額の料金を払って、

トレーニングスタジオに通って。

という話ではなく、運動をする順位を少しだけ今の生活リズムより高くするだけです。

 

例えば、普段階段を使わないのなら、駅のエスカレーターではなく

駅の階段を使うや、

いつも行っているお店にランチしにいくのではなく、

少しだけ遠いお店にランチをしにいくや、

トイレに入ったら、便座からの立ち座りを10回してからトイレから出るとか、

やれることはいくらでもあります。

 

自分の生活リズムに運動の優先順位を少しでも高いところに位置づけている方は、お腹痩せ・ウエスト作りに成功しています。

 

 

まとめ

あなたがお腹痩せをしたいのであれば、

①何故、お腹周りに脂肪が付いてしまったのか?を明確にする

理由を最低3つ、多くて10個書き出してみてください。

 

②お腹周りの脂肪を落とすのに、どのような方法を取るのがいいのか?

これを明確にするだけで、お腹痩せできる確率はグッと高くなります。

 

 

本日もお読みいただきありがとうございます。