こんにちは
世田谷区等々力のダイエット専門パーソナルトレーニングスタジオBodySpace(ボディスペース)の桑島です。

 

皆さんは睡眠時間をしっかりと確保できていますでしょうか?

実は、睡眠時間とダイエットはかなり密接な関係なんです。

ダイエットと睡眠時間の関係

皆さんは睡眠時間は平均どれくらいでしょうか?
厚生労働省が発表している日本人の平均睡眠時間は
成人から50歳ぐらいまで6.5~7.5時間と発表しています。

どうですか?これよりも多いでしょうか?
少ないでしょうか?実は、平均睡眠時間が6時間未満だと「満腹中枢」が働きにくくなるので、食べ過ぎてしまう可能性があるのです。

満腹中枢とは、食べ物を摂取した際に、満腹を感じるための器官のことです。

満腹中枢が働くことによって、「これ以上食べる必要がない!」と判断をして、人間は食べることを止めます。

反対に、摂食中枢は「これ以上お腹空くのはまずい!」と判断をして、人間は食事をするのです。
人間は食べ物を食べることによって、血液中のブドウ糖が増え、血糖値上昇します。

血糖値が上昇することによって、満腹中枢で満腹と感じるのです。

睡眠時間が短いと、成長ホルモンでもある「コルチゾール」の分泌が少なくなってしまい、
代謝が悪くなってしまう。という研究もあります。

つまり、睡眠時間が6時間未満の方は、食べても食べても満腹を感じにくくなるので
つい食べ過ぎてしまうことによって、太りやすくなってしまうのです。

 

深夜まで起きているのは控えましょう

ご存知のゴールデンタイムの22~26時の時間でできるだけ睡眠をするようにしましょう。
深夜まで、起きていると、これも満腹中枢が働きづらくなるので、
糖質が食べたくなります。
(これは私の経験ですので、当てはまらない方もいると思います)

ですので、この時間に起きている方は満腹中枢が働きづらくありますので、つい、甘い物を食べたい気持ちになってしまい、結果的に余分な食事をすることになるので、
脂肪が増えやすくなってしまうのです。

睡眠時間が短くても太らない場合もあります

睡眠時間が短くなると、太りやすくなると書きましたが、
太らない場合もあります。

それは、「普段からあまり寝ないで、食事も少ない方」です。

それはそうですよね。食事が少なければ太ることはありません。

しかし、筋肉的には睡眠時間も大事ですし、
食事をしっかりと摂らないと筋肉が作られずに、代謝が下がっていく一方になります。

ですので、睡眠時間も短くてもダメですし、長すぎても身体のサイクルが崩れるので、睡眠時間には十分気をつけましょう。

本日もお読みいただきありがとうございます。

トレーニングのお問合せは公式LINEからの画像クリックをして、友達追加してメッセージをお願いいたします。

「お名前「性別」「年齢」「体験希望日時」を明記の上送信してください。
24時間以内にご返信させていただきます。