こんにちは

 

横浜の関内馬車道で唯一のお腹シェイプ専門トレーナーの桑島です。

 

お酒を飲んで太る本当の理由

ワインの二つのタイプ, ホワイト, ワイン, ガラス, ブドウ, ボトル

これは、お酒を飲むと身体にとって、「アルコールは毒」ですので、

肝臓がアルコールを分解します。

その間、通常の代謝が止まってしまうのです。

通常の代謝とは、糖代謝と脂質代謝です。

 

アルコールが身体にない時は、この二つの代謝が働いて脂肪を作らないようにしてくれますが、

アルコールが身体にある時は、アルコールの解毒・分解に働いてしまうので、「お酒の席で食べたものが脂肪として蓄えられてしまう」

というのが、お酒を飲んで太る本当の理由です。

 

 

ダイエット中にお酒を飲んじゃダメなの?

 

ダイエット中にはお酒は極力控えたいところです。

 

わたしの指導はそこまで、お酒を控えるようにはお伝えしていません。

お酒を飲めない。というのでストレスを溜めてほしくないので。

では、どんなお酒を飲めばいいのでしょうか?

 

 

zunnyというサイトでうまく纏められているサイトを見つけました。

糖質が最も多いの「梅酒ロック」

カロリーが最も高いのは「ビール中ジョッキ」です!

 

この図からも分かるように、ウイスキー、ブランデー、ウォッカ、蒸留酒は糖質ゼロです。

これが、「お酒の飲むなら蒸留酒がいい」という理由です。

 

わたしのお客様でもいらっしゃいますが、ワインが大好き!

という女性は多いですよね?

毎晩ワインを飲む。という方もお客様もいらっしゃいます。

 

では、ワインの糖質はどれぐらいでしょうか?

■赤ワイン 1.8g

■白ワイン 2.4g

■ロゼワイン 4.8g

※種類によって異なります。

 

ですので、ダイエット中でお酒を飲むなら赤ワインがオススメです!

 

 

お酒の席で重要なお腹の減り具合

 

アルコールには、胃液の分泌量を増やして消化を促す作用があるので、食欲を増進させます。

中でもワインやビールなどに含まれる炭酸ガスや苦味成分ホップは、胃壁を強く刺激するので食欲増進効果が高いといわれています。

 

更に、お酒を飲むと脳が正常に働いていないので、

「本当にお腹が空いているのか?」の判断が鈍くなります。

 

お酒をたくさん飲んだのに帰り道でラーメンを、、、

なんてことは、上記の理由が考えられます。

 

ただでさえ、お酒の席で食べたものが脂肪として蓄えられてしまっているのに、帰りのラーメンは完全にオーバーです!

 

お酒の飲みすぎには気を付けてくださいね。

これからの季節ビアガーデンも楽しみの方もいらっしゃるかと思いますので、呑みすぎ食べ過ぎは気を付けましょう。

 

 

本日もお読みいただきありがとうございます。