こんにちは

 

横浜の関内馬車道で唯一のお腹シェイプ専門トレーナーの桑島です。

 

 

お腹痩せした方が行っている事

お腹痩せをした方がどんなことをしているか知りたいですよね?

 

大それたことは行ってはいないのですが、

確実に行っていることをご紹介します!!

 

大きく分けて3つあります。

 

①運動を日常で取り入れている

私のお客様は基本的には週1回60分のトレーニングを行っています。

 

ですが、よく考えてもらうと、1週間は168時間あります。

168時間のうち60分トレーニングを受けたとしても正直そんなに身体は変わりません。

ですが、168時間のうち少しでも運動を取り入れるようにしているみたいです。(私から促しているわけではありません)

 

例えば、ヨガをご自身でしていたり、いつも車で移動していたのを

ベイバイクを借りたりとして、少しでも運動を取り入れています。

 

ベイバイクとは

横浜を中心に自転車を貸してるサービスです。

いたるところに駐輪場があり、借りたところとは違った場所に変えてしても大丈夫というシステムです。

 

 

②無理な食事制限をしていない

お腹痩せをするには、食事制限が必要だと思っているかもしれませんが、

 

私の場合、食事制限というより、食事調整というのが私はしっくりきています。

 

基本的には、身体づくりに必要な「タンパク質」をしっかりと摂取してもらいます。

それとともに、糖質と脂質もある程度摂ってもらいます。

 

タンパク質を意識して摂ってもらうだけでだいぶ満腹感はあります。

普段の食事はこのようにタンパク質を意識して摂ってもらいます。

 

タンパク質は意識をしないと、ほとんどの方は一日の必要なタンパク質量が足りていません。

 

昨日、TVでモデルのアンミカさんが「かなり食事にこだわりを持っている。」

と言っていましたが、あれほど意識しなくてもいいのですが、

食事に意識を向けるのはとても大事な事です。

 

そして、小学生ぐらいのお子さんをお持ちですと、お子さんの習い事のママ同士で夜ご飯に行く。

ということも多々あります。

 

そうゆうときは、アルコールを制限しませんし、食事も制限しません。

 

私の指導は抑えるときは抑える!楽しむときは楽しむ!

ということを大事にしているので、

ママ同士でご飯行ったときに、「私ダイエット中なので」とはなかなかいいづらいところだと思いますので、

生活のなかで、メリハリをしっかりと出していれば大丈夫だと考えています。

 

ダイエットプログラム中に「昨日、ウナギを食べてきました。笑」という強者もいます。笑

それでも、プログラム終了時にはウエスト-10㎝達成しています。

 

 

 

③おおざっぱな目標を決める!

最初から、細かく目標を決めていいのですが、

ある程度目標をおおざっぱでいいので決めておきます。

 

期間内で達成できる目標を決めて、後は逆算して日々の生活に取り入れていけば問題ありません。

 

そうなると、日々の食事で余分に食べている物を「省く」というのが出てきます。

お菓子や、おかわりしていたご飯など。

 

これは、目標が決まっていないと分からない食事の部分なんですよね。

 

 

まとめると、

日々の生活で運動を取り入れて、食事に意識を向ける。

そして、お腹痩せをするにはおおざっぱな目標を決めてから逆算して行動をする。

 

ということです。

本日もお読みいただきありがとうございます。